Mika of all trades and master of none.

タカシナのあれこれブログです。

”似合わない”って言葉で片付けたくない

先日、久しぶりに買い物同行に行きました。
自分の買い物も楽しいけれど、やっぱり私は人のお買い物に付き合う方が好きです。
お買い物レポートはまた改めて、ブログに書きますね!



さて、自分がアパレル店員だった頃、
お客さんとどんな話をしてきたんだっけ・・・。
って考えていました。



毎日店頭に立ってるのに、意外と内容を覚えているような覚えていないような。
その中で、似合う、似合わないについて自分の意見をまとめたいと思います。



f:id:ffmwords:20180426205341j:plain




” 似合わない”というのは大体思い込み


「私ワイドパンツ、似合わないから〜」
「これ好きだけど、多分似合わないからな〜」

ってお客さんからもよく聞く言葉です。
日常的な会話でもよく話すと思います。

でも、それは大体思い込みであって。



なぜ似合わないかまで説明できる人ってあまりいないんじゃないですかね。





なぜ似合わないか、なぜ似合うのか


”似合わない”を解決するツールはたくさんありますが、
”似合う”を説明したり、解説するサービスやツールが少ないように感じます。



なんか、似合わないって言葉で片付けたくなくて、なぜ似合うのか、なぜ似合わないのか。
証明していきたい。



..........................................................




なんてことを考えながら、
似合ってない服さえも着こなしてやりたいと思う、タカシナでした。

部屋に花を飾ることによって得られる効果がすごい!

ちょっとスピリチュアルなタイトルになっちゃいました。(笑)
こんにちは。タカシナです。

引っ越しをしたらやりたい!と思っていたことの一つに、
「花を飾る」
というのがありまして。


実際にお花を飾ったことによって、得られる効果とちょっとした変化が
嬉しかったので、紹介します。



f:id:ffmwords:20180421162828j:plain


正直、花に興味がなかった私

私は10年ほどピアノを習っており、発表会でお花をもらうことに対して、
「すぐ枯れちゃうのにもったいないな〜」って思ったり、
母がガーデニングにハマっていたとき、水やりがめんどくさくて・・・。(笑)
全然花に対して興味がなかったんです。


でも歳をとったのかいつからか、道に咲いてる花とか
桜の花びらとか、庭に植えてある花が綺麗だな。と思うようになってきたんです。

なんか、花に「一瞬を大事にしなさいよ〜。」と教えられてるような。

それから、どうやって花を飾ろうか。花瓶はどんな大きさがいいだろうか。
色々調べたり、お店でじっくり見たりするようになりました。





部屋を綺麗にしよう!って思うようになった

はい、それでは部屋にお花を飾ることによって得られるメリットについて。

まず、部屋が綺麗になりました。
特に机周り。

元々、物を増やさないようにしていたのですが、気づいたらデスク周りはノートや本やなどで
散らかってしまうんですよね。
でも、花を飾るようにしたら自然とこのお花が似合う部屋にしたい!って気持ちになるんです。
だから、こまめに掃除機もかけるし、服も綺麗に畳むようになったし、
気づいたら部屋を綺麗にするようになってました。



f:id:ffmwords:20180421162748j:plain


朝起きるのが楽しみになった

朝起きたら、着替えたり、顔を洗ったりなど色々ルーティーンがありますが、
そこに「花の水を替える」というのが加わるとちょっと朝起きるのが楽しみになりました。

まじまじと見ても、急にお花の調子が変わることってそんなにないんですけど
毎日眺めるのがなんか、”女子楽しんでる〜”って感じがします。(笑)


花の色や花言葉が楽しい


f:id:ffmwords:20180421164704j:plain


この前は赤のガーベラを飾っていました。
赤のガーベラの花言葉は「神秘」「前向き」「チャレンジ」です。

今は、ピンクのバラとかすみ草を飾っていて、
ピンクのバラは「上品」「淑やかさ」「感謝」
かすみ草は「清らかな心」「無邪気」「幸福」


花を選ぶとき直感で選んでいますが、
後から花言葉を調べたら、ちょっと自分に足りないものを花が表して補ってくれるようでちょっと楽しい。


そんな楽しみ方もあります。


花言葉については以下のサイトが一番見やすかったです。

花言葉-由来「由来も知りたい!」誕生花,画像など花情報満載




これからどんな花と付き合っていけるか楽しみです。


すごく女子っぽい内容になりましたが、
ぜひ参考にして見てください。

あ!ちなみに花瓶は天神地下街ナチュラルキッチンで買いました。


www.natural-kitchen.jp



ではでは。

車が好き過ぎるので、別ブログをつくりました。

こんにちは。タカシナです。

今まで小柄女子と名乗っていたのですが、身長143センチのスタイリストさんがいました。

くぅ〜!すごい。
と、いうことは気づいてないだけで市場はもう既に飽和状態かもしれませんね。


というわけで、他のことを私はやります。(笑)



"好きなもの"はいろいろあっていいと思う。





小学生の高学年くらいから、いろんな人に「ギャップがあるねー!」とか、「え、そんなものも好きなの?」などと驚かれるようになっていました。

でもそれは、新しい"好きのカタチ"だから、自分以外の人からすれば斬新で新鮮で、面白いんだと思います。

だから私は好きなものや、変わったことをどんどん発信していって共感や自信を集めたいです。



車好きなのに免許持っていない?車を持っていない?いいじゃん!


私が免許を取ったのは、本当に最近。
2016年4月です。
もちろん、免許を取って運転できるようになってますます車のことが好きになりました。


ちょっと前まで車を持ってない自分って…。と思ったんですけど、免許持ってなくても車好きでも良くないー?と思ってきたんです。
運転下手でも、マイカーがなくても。



例えば…。

電車好きだけど、電車運転できる人多くないですよね。
野球を観るのが好きだけど、キャッチボールが上手くできない人いますよね。
ライブ観に行くけど、バンドしたことない人多いですよね。



……………………



というわけで。
イカーを持たない私が、車への愛を語るブログをつくりました。


https://number8car.hatenablog.jp/

車に興味がある人は絶対面白い。
車に興味がない人には少し役に立つ。

そんなブログにしていきますので、ぜひブックマーク、読者登録をお願いします!


ではでは。

断れない人はなぜ断れないのか

こんにちは。タカシナです。

 

皆さんは嫌なことがあったり、自分のためにならない時にはっきりと「No」と言えますか?

 

実は私は頼まれごとを断れない性格で、はっきりダメとか嫌とか言えないタイプだったんです。

 

でも、最近自分の意見を声に出して言えるように変わってきたので、今回のブログではその過程と、なぜはっきりと自分の意見が言えないのか?説明していきます。

 

……………………………

 

 

「No」と言えなくても、「No」と言っても、罪悪感を感じる必要は全くない。

 

人と接していると、自分の発言が思わぬ方向に行ってしまったり、傷つけてしまったりすることってありますよね。

 でもいちいちそんなことに敏感にならなくていいんです。

だって、生きていればどっちみち迷惑かけちゃうんだから。

 それだったら、自分が好きなように意見を言う方が良くないですか?

 

 

f:id:ffmwords:20180417160241j:plain

 

 

 

 

 

他人はあなたのことをそんなに気にかけてないよ

 

なぜ断れないか。自分の意見が言えないか。

それは”傷つきたくないから””自分を守りたいから”です。

 え?逆に人を傷つけたくない、とか他人に優しくしたいからじゃないの?

 と思いますよね。

人が嘘をついたり、本当の気持ちを伝えないのは自己防衛です。

相手から嫌われたくないから依頼を引き受ける。相手の気持ちに応えたいから、

できないことをできると言ってしまう。相手の気持ちに応えられない自分が嫌だから無理をする。

 

............................................................................

 

 

だから、「嫌われても、嫌なヤツと思われてもいいや。」と開き直ることです。

誰も他人のことを24時間考えてる人なんていないのだから。

 

 

 

私が断れなかった理由と断れるようになった理由

 

学生時代に短期でアパレルのバイトをしていました。

その時のアルバイトの私ができる仕事は、倉庫の整理や店頭に出ている商品にシールを貼ったり、簡単なこと。

でも、店長が「この日休みだけど、お客さんが多そうだから入れない?」と言うと

断れませんでした。

また、休憩時間が全然回ってこなくてしんどい日があったのですが、

他のスタッフさんも同じように頑張っていたので我慢していました。

 

同じような経験ある人いますよね?(笑)

 

 

なぜ断ったり意見を言ったりできなかったか。

”できないヤツ”と思われたくなかったからです。

 

でもこの調子だと・・・。

結局いいように使われるだけですよね。 

 

 

 だから、まずサボるのがうまい人を見つけました。(笑)

力の抜き方がうまい人、空気を壊すのがうまい人、 でもきちんと成果を出している人。

この人たちの真似をすることで、断れるようになっていきました。

 

 

 

 

まとめ

 

 プライドが高かったり、みんなと同じようなことができないといけない!と

思っているとなかなか断れません。

だから、余計なプライドは捨てること。

自分ができないことは認めること。

 

この前、喫茶店を利用した時に化粧室が混んでいたので並んで待っていました。

後から来た人が並んでると分からず先に行こうとしたので

私が、「並んでます!」と言ったら「あ〜ごめんなさいね〜」と言ってくれました。

 

ちゃんと伝えるトレーニングをしてよかったと思いました。

 

それでは。

 

イヤホンをつけてショップに入店するお客さんに対して店員が思ってること

元販売員のタカシナです。

私は3つのアパレルショップで働いた実績があります。

 

ファミリー層、メンズのセレクト、レディースシューズのお店。

客層にあまり、共通点はありません。

 

しかし、どのショップでもお客様に対して気になったことがあります。

ひとつは試着室や店内での無断撮影。

もうひとつはイヤホンをつけて入店されるお客様。

販売員の時はブログやツイッターで書くことはできませんでしたが、

このブログで元販売員の立場から物申します。

 

 

f:id:ffmwords:20180409164734j:plain

 

 

 

あくまで私個人の意見だけど

 

店内で楽しんでもらうのは販売員としては嬉しいです。

洋服を手に取って「可愛い!」と友達と楽しそうに話していたりすると、とっても素敵だなと思います。

一人でゆっくり見られて本当に気に入ったものだけ買いたい!という方もいます。

 

・・・というように、いろんなタイプのお客さんが入店されます。

そして、イヤホンをつけて入店されるお客さんに対しては、

 

音楽聴きながら(イヤホンをつけて)入店しても構いません。

しかし、こちらから(販売員)声をかけませんし、試着やサービスの提供もしません。

どうぞ店内をゆっくりご覧くださいませ。

 

言葉が悪いですが、簡単に言っちゃえば「ほっとくね。」ってこと。

 

 

というのが私の持論です。

 

 

 

なぜイヤホンをつけて入店することにいろんな意見があるのか。

 

 

はい、お答えします。

それは、お店は無料でできているものじゃないからです。

 

f:id:ffmwords:20180409170523j:plain

 

 

 もっと噛み砕いて書きます。

 

お店はその店内でお買い物をしてもらったり、販売員のサービスを受けてもらう人がいて成り立ちます。

でもその店内で商品を勝手に試着したり、店内をただ見るだけ、写真を撮って何も買わない人が増えたらどうなるでしょうか。

 

 

............................................................

 

 

 

量販店(ユニクロなど)だと店内にお客さんがたくさんいた方がお店側としては都合がいいです。

店内にある程度人がいれば、通りがかったお客さんが入店しやすいですし店内の滞在時間が伸びます。

だから、イヤホンをつけて入店してササっと退店しても大きい問題ではないです。

 

 

しかし、これが路面店や小さなセレクトショップだとそうはいきません。

オーナーやバイヤーのこだわったアイテムや店内の空間は、お客さんに評価してもらって意味がある。

 

買わない人が増えると、どんどん買わない人が増えるんです。

 

 だからいろんな意見があるのです。 

 

 

 

イヤホンつけてる人の気持ち

 

店員から話しかけられたくない

好きな音楽を聴いてお買い物をしたい

一人の世界に没頭したい

 

じゃないですか?

 

 

 

勘違いしないでほしいのは、店内を見るだけでも全く構わないし、話しかけられたくないというのは店員はだいたいわかっているということ。 

ただ、そのサービスはタダじゃない。

 

お客さんからこっちに(販売員)声をかけてくれたら、販売員もお客さんの要望に応えます。

だから、ガードしないで気軽に入っておいでよ〜とだいたいの販売員は思っているのではないでしょうか。

 

 

........................................................................................................................

 

まとめ

 

お客さんと販売員は一緒にお店をつくっている。

 

イヤホンをつけていたら、満足なサービスが受けられないこともある。

 

 

 

それでは。 

 

 

アパレル店員が転職するときに考えること

皆さん、こんにちは。

タカシナです。

引っ越しがあったり、風邪をひいてしまったりで

ブログがなかなか書けませんでした...。

 

今日からまた頑張ります!

 

 ちょっとタイミングが悪いのですが、転職とアパレルの話を。

 

 

 

f:id:ffmwords:20180407160845j:plain

 

 

 

アパレル店員のキャリアアップへの道は

 

販売員をしてると急に「このままでいいのだろうか…」と思う時がきます。

 

一般的にはアパレル販売員って

 

入社してすぐ→ストック担当

ストックが慣れてきたら→売り場で接客販売

接客販売やレジ打ちができるようになる→PC業務、VMD変更など

販売員→副店長・店長へと昇進

 

その後→本社に呼ばれるor退職

 

って流れが多いです。

 

そして、販売や接客が好きでずっとしている人は少なくて、(というかできない)

現場、入れ替わりが激しい業界となっています。

 

 

 

私がアパレル業界から転職したきっかけ

 

私は1社目が3年、2社目と3社目が共に半年程勤めていました。

過去の記事で詳しく紹介しています。

 

ffmwords.hatenablog.com

 

 

1社目で転職を決意したきっかけは

 

  • 異動と転勤が多くてしんどい、新規出店が多すぎてついていけない
  • 数字で結果を出しても、本社の人達に納得してもらえないことが多かった
  • 毎日・毎週・毎回イベントが同じようにくり返しになっているように思った

 

(2社目と3社目は派遣で契約期間や閉店の兼ね合いで退職したので説明を割愛します。)

 

 

f:id:ffmwords:20180407163621j:plain

 

 

こういった気持ちって積もり重なって、急に「あ、辞めよ。」ってなるんですよ。

自分の知らないうちに不満とかストレスを抱えてしまってました。

 

 

 

 

アパレルから転職したい!と思った時、考えることとは?

 

 

私の場合は結構ヤケクソになって辞めてしまったし、有給期間中に合宿免許に行ったりしてしっかりと転職に対して向き合っていなかったので、参考になるかどうかはわかりませんが、以下まとめてみました。

 

 

  • アパレル以外の業界で働く、販売以外をしたい
  • 手取り20万以上(アパレルの時16万くらいしかもらえなかった)
  • 地元の福岡で働く(転勤が少ない会社)
  • 土日祝休みで、年末年始とお盆休みが欲しい
  • 前の職場の人を見返したい(笑)

 

アパレル店員が転職するとき、2パターンあると思っていて

 

  1. アパレル以外の仕事。事務や営業など
  2. 他のアパレル会社、もしくはパタンナーやバイヤーなどアパレルの専門職

 

アパレル業界からでる人だと、事務のお仕事がダントツ人気です。

立ち仕事や年末年始の慌ただしさから解放されますし。

 

 

そして、体力仕事でもあるアパレル店員のお仕事。

給料と仕事内容が見合ってないからと退職していく人が多いです。

だって、見ず知らずのお客さんにこっちから声をかけていくわけですし。

 

ストレスになる事が多い。

 

店長になれば展示会や店長会、ディベロッパーさんとの打ち合わせ。

 SNSやブログの更新も多いです。

 

 

それでもやっぱり接客が好き、ファッション・お洒落が好き!って事でずっとアパレル業界にいる人も多いんです。

 

30代の販売員だと、2つ3つの会社を渡ってきた人が多いですね。

 

 

.........................................

 

 

 

これからまた業界が変わっていくのではないか、と思うことがたくさんあります。

 

もしかしたら、レジはセルフレジに変わり、ショップ内にはスタッフがいなくなるかもしれない。

人工知能(AI)が新商品を勧めてくれたり、パーソナルカラーを診断してくれるようになるかもしれない。

 

そこで今リアル店舗で働いてるスタッフ、本社に務めている人、工場で服を作っている人達がどう変わるか。どう変わっていくか。

私は元販売員という立場から、業界の動きを楽しみに見ています。

 

 

さて、いろいろ書きましたが

アパレルから転職を考えている人の参考になれば幸いです。

 

 

それでは。

 

 

社会人1年目でエステサロンに騙されて借金80万円背負った私の実話

皆さま、こんにちは。
タカシナです。


タイトル、ちょっと衝撃的ですかね?(笑)

ずっと黙ってよう、死ぬまで秘密にしていようと思ってたんですが、ある方から
「この経験が活かせる時がきたよ!」と言ってもらったので、頑張って書こうと決意しました。

少し長いのですが、エステで騙された話って結構多くて、事実を知って欲しいのでぜひ読んで感想をお聞かせください。



f:id:ffmwords:20180329135008j:plain





エステに騙されたいきさつ

社会人1年目、天神でお買い物をしていた時にお姉さんから声をかけられます。
話聞くだけ聞くか〜と思って連絡先を聞いて、後日お店に伺いました。

そのお店は天神からそう遠くない、ビルの一室にありました。


今考えたらおかしいと思うのですが、その時はお客さんが一人もいませんでした。

無料で痩身エステを受けて、その後バスローブ姿で別室に移動するように促され
40代くらいの女性の方が入室。

どうやらそのエステのトップの方だったようで、マイクロスコープのようなものでお肌の状態をみてもらったり、
話を聞いているうちに脱毛をするべきではないか・・・という話になり、

”街中で声をかけさせてもらった方だけに特別料金で案内している”と・・・。




契約した内容

  • エステで光脱毛を約10万円
  • エステが提携している美容外科でレーザー脱毛とピーリングで約70万円



エステで光脱毛の契約していると、提携している美容外科で診てもらった方がいいと勧められます。
提携しているところならいいかな、と思って行ったんです。(なぜかタクシーまで用意されていた)


この美容外科では看護師、受付、ドクターとたくさんのスタッフがいらっしゃって、いかにも!美容外科という感じでした。
契約内容を確認するときなんかは広い個室に案内されたのを覚えています。

ここでちょっと怪しいなと思ったのは、
もうローンを組む前提で契約内容が組まれていたことと、
「今日契約しないとダメですか?結構お値段するから考えたいです。」
と聞いたら、「今日限りの特別料金です。」と言われたことです。



今思えば、バカ!と思うのですが、この当時は顔や体にところどころ湿疹があって、肌荒れに悩んでいたんです。
あと、エステには興味があったけどきっかけがなかなかなくて、ちょっと舞い上がっていたんだと思います。

契約をした日、
「このことは絶対誰にも言えないな・・・。」と思いながら帰ったのを覚えています。
それから借金地獄のはじまりです。





契約したその後…


3回ほど、脱毛とピーリングは通ってました。
もちろん効果はあって、結構楽しかったです。
とくに美容外科では、担当の看護師さんがとっても優しくていろんな話をしたのを覚えています。



しかし、同時に仕事が忙しくなり店舗の異動や転勤があったりして、
エステに3ヶ月くらい行ってなくて久しぶりに電話をしたら、電話が通じない。
店舗に行くとお店がない。



美容外科の方は、ドクターが体調不良になったのでお店が変わりますと言われたので、
ちょっと怪しいな・・・と思いながらも通っていたのですが、
次の予約をしようと電話をしたら、諸事情につきしばらくお休みになりますと。
翌日電話をしたら通じなくなりました。



契約書をひっぱりだして、いろんなところに電話をかけましたがどこも通じなかったです。
しばらくして、ニュースにそこの会社名がでて「ああ、騙されちゃったんだな」と思いました。
名前を借りて医療行為を行っていたというのでもう、びっくりですよね。
街中で声をかけた方だけの特別料金なんてものも存在しなかったそうです。




騙されてから現在に至るまで

ニュースでエステサロンに騙されたのを知ってすっごく悔しかったので、
消費者生活センターに連絡したり、抗弁書を書いたり、最善をつくしました。
でも、私が一番恥ずかしいと思っていたことはエステに騙されたことが家族や友達にバレること。

今は笑っていろんな人に話しているんですけどね。



その結果、エステの方は施術を受けていない差額を返してもらうことに。
美容外科の方は医療ローンだったため、結構ローン会社と揉めまして、結局55万ほど払いました。
この借金は昨年の10月に完済しましたが、借金を返しても荷が下りた〜!という感じは全くないです。

3年間の信用返して!って未だに思ってます。
そうしたら、車のローンを組んだり、クレジットカードを作ることだってできたのに。





エステサロン騙されないために・・・

私がエステサロンに騙された理由は2つあると思ってます。

1.自分に自信がなかった
2.お金の正しい使い方を知らなかった



キャッチの人も自分に自信がなさそうな人を選んで
声をかけているはずです。

お金の正しい使い方というのは、なかなか教えてもらえる機会が少ないので
みんなあまり言わないだけで、奨学金や借金の返済、お金のやりくりに困っている人は多いと思います。



そして、怪しいエステサロンの特徴を挙げます。

  • 街中でキャッチをする
  • その日に契約しないとこの値段で契約できないと言う
  • バスローブ姿や自分の私物を預けられた状態で1時間以上拘束される
  • お客さんが全くいない、もしくは1人(サクラの可能性あり)


街中でキャッチをするエステサロンは間違いなく怪しいです。
もし、街中でキャッチにあった場合はスマホをいじったりしてシカトして全く問題ないです。
でも、話しかけられてつい答えてしまったら「待ち合わせしてます」とか、「今から美容院です」と言って断ってください。

そして、今通っているエステが不安な方は友達か親と一緒にエステに行くのをお勧めします。
一人だと冷静な判断ができないからです。

怪しいな、ちょっと怖いな、と思ったら体調不良を訴えて帰りましょう。
彼らが一番恐れているのは、全く契約ができないこと。
ありとあらゆる手段を尽くしてきます。

最悪警察呼びます!と言ってもいいです。



…………………





私は借金を背負って、好きだった服や車に没頭する機会を失ったのですが、
(ローンが組めないため)
まあ、こういうことも社会勉強ってもんかなと思ってました。

だけど、こんな私がエステを福岡につくることになりました。


エステサロンの立ち上げにむけて、別のサイトを作成しております。
もうエステで騙される人をゼロにしたい。
エステに通うことへの意識を変えたい。





最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひご感想をお聞かせください。