AIRJAM 2016

 AIRJAM 2016にボランティアスタッフとして参加してきた。

 

 


f:id:ffmwords:20161225181844j:image

 

 12月23日(祝)

6:30集合23:00解散

頑張りましたよ〜

充実感すごい。

 

主な1日の流れとボランティアスタッフは何をするか?

まとめてみました。

 

  • 朝7時集合、担当部署発表、写真撮影
  • 担当の部署は警備とクロークが主でした(エコステーションもいたのかな?)
  • 朝10時のオープンに合わせて準備
  • 休憩時間はチームごとに決まっていて5時間くらいいただけます。
  • 休憩時間はアーティストのステージを観たり、休憩場所で食事したり、お菓子食べたり、ドリンクがいただけました
  • 会場が広いので、移動が大変、女子トイレは混雑してたし、なにしろ寒かった(雨のち曇り、最高気温:11度、最低気温:9度)
  • チーム単位で行動し、大学生からアラフォー世代まで幅広い年代の人と関わることができた
  • 終演後はクロークも警備も大混乱でしたが、お客さんみんな笑顔で帰ってました

 

クロークを担当。寒さの中ただ立ちっぱなしの時間も。

私はクローク担当でチームは和気あいあいとした雰囲気で非常にやりやすかったです。

驚いたのが男女比が5:5でおもしろいくらいバランスがとれたチームでした。

また会ってわいわいしたいくらい!

 

そして参加された方はご存知かと思うのですが、この日は雨も降って非常に冷えたんですよね。

クロークの場所はヤフオク!ドームの地下駐車場の部分で、屋根はあるけど屋外なので寒くてしょうがなかったです。

ボランティアスタッフはナイロンジャケットの着用義務があるのですが着こんでも寒いし、貼るカイロで凌いでいたのですが、常に震えてました(笑)

 

Hi-STANDARDのご好意で、ハイスタのステージを観れた!

ボランティアスタッフは休憩時間にアーティストのステージを特別な場所から観覧できました。

ただ、条件とかタイミングがありますし、移動時間もかかるので私は休憩所で音漏れを聴いてました(笑)

最後のハイスタのステージはボランティアスタッフ全員が観れるように調整してくれたので、もちろん観ました!

伝説だと思っていた彼らの存在はやっぱり輝いていて、近いようで遠くて、カッコいいんだけどお茶目で・・・。

健さんが業務連絡でコマさんを呼んだとこ、チャーミングだったな。

ツネさんのドラミング、クールなのに力強くて耳にずっと残ってる。

難波さんの歌声、MC、ストレートに自分の心に向かってくるような感じがした。

気づいたら泣いていてどうやって言葉に表せばいいのかわからないけど、ただただ圧倒されました。

 

1日を振り返って

お金・報酬よりも大切なものを得たと思ってます。

そして自分では気づきにくいけど、自分の行動が誰かの支援になっている。

やるかやらないか。伝えるか伝えないか。届けるか届けないか。

様々な人と関わっていくのは大事です。

人からどう思われようと、外に出て行ってアクションを起こすことは大事!

 

Hi-STANDARD

AIRJAMの会場に福岡を選んでくれてありがとう。

たくさんの貴重な出会いをありがとう。

 

see you next time!