読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明るい色を着るべき

前回の記事でコデチケ!についてご紹介したので、ファッションに関する記事をしばらく書きたいとおもいます。

 コデチケ!始めました - 考えるバカ。

身に付けているものはその人自身を表していると思います。

私は身につけるものにはルールを定めていて、そのうちの一つに″上半身に明るい色を身につける″というのがあります!

 

黒や茶色の服ばかり着ていませんか。

持論ですが、自分に自信がなさそうに見えて負のオーラを漂わせてるけど明るい色を着ている人って見たことないです。

私が負のオーラを感じる施設や場所には黒や茶色の服を着た人がたくさん集まっています。

私が特に負のオーラを感じる場所は朝の満員電車です。

座席に座っているのに暗い顔をしている人、スマートフォンのゲームで楽しんでいるのに口角が下がっている人、つり革に捕まって今にも寝ちゃいそうな人・・・。

そして、車内を見渡すとほとんどの方が同じような服装なんですよね~。

お仕事のこともあるので、暗い色ばかりになってもしょうがないのかな~と思いますが。

なので、私はなるべく朝の満員電車を避けてます。

自転車で通勤したり、少し歩いてみたりして、負のオーラに接する時間を減らすだけでもだいぶ気持ちが違います!

 
f:id:ffmwords:20161230111342j:image

 

理由をつけて明るい色を避けていませんか。

 

「白はすぐ汚しちゃうから・・・。」

「ピンクなんて似合わないし・・・。」

何かを選択する時、人は無意識に選ばなかったものに理由をつけがちです。

私も一時期モノトーンが万能!着回し力抜群!と思い込んで黒ばかり選んで着てましたが、仕事の調子も良くなかったですし、プライベートも充実していませんでした。

でも、黄色のトップスにジーンズを合わせてる時に職場のスタッフさんに今日可愛いですね!と褒めてもらったことがあります!とても嬉しかったです!

理由をつける前にまず着てみないとわからないし、気に入っているアイテムだったら汚れないように丁寧に扱うと思うんですよね。

それに女性は明るい色が似合う方が絶対嬉しいはずだし、男性は明るい色を身につけている方が清潔感を演出できてモテると思います!

 

そうやって背中を押してくれる人がいればいいんですけどね。

 

黒色のアイテムはタイミングがある。

 

黒色は冠婚葬祭や就職活動など、身に付けなければいけない時と身に付けてはいけないタイミングがあります。

 

なので普段からわざわざ黒のアイテムを身につけているのは少しもったいないかな~と思います。

そこで普段着で私が推奨する色は紺色、ベージュ、白色の3色です。

無印良品でよく展開している色ですね!

この3色に好きな色を組み合わせるとハズレがないです。

 

 

例えば今の季節だったら・・・

白のニット+ネイビーのスカート+黒タイツ+赤色のパンプス

男性にお勧めするとしたら・・・

ネイビーのパーカー+ベージュのチノパン+白のスニーカー+カーキ色のMA-1

といった具合にベースの色に+好きな色や黒を合わせるとバランスが良いですよ。

 

といっても試着したり、手持ちの服で合わせてみたりして、実際に袖を通して実感していただくのが1番です!

外観が変わると合わせたように内面も不思議と変わりますから!

 

服装で困る人が一人でも少なくなればいいな~なんて思います。

 

See you next time !