読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

購入する権利があることは

パンプスを履くとワクワクします!

ヒールの高さは7センチが一番好きです!

 

f:id:ffmwords:20170306000355j:plain

 

 

店員さんの接客の質

気のせいかもしれませんが、今日天神でいくつかのショップを回って接客を受けると、どこも店員さんが感じがいいんです。

商品説明も的確で、ヒアリングも丁寧。立ち居振る舞いも美しくて、適度な笑顔。

2月から3月の春物の立ち上がりの時期はどのショップも接客に力を入れているなあと感じました。

普段接客しないショップでも声をかけていただきました。

 

欲しいと思うのは簡単、買った後のことを考えよう

 

自分が販売員だった頃、お客様の普段お召しになる服装や持ち物、好きなブランドをヒアリングするのはもちろんですが、「この服を手に入れたら〜」、「この服を着て〜」と未来の話をすることを強く意識していました。

合わせやすいですよ〜とか、お手入れが簡単ですよ〜とか商品の魅力をお伝えすることはもちろん大事なんですけど、この服、この小物、この靴を手に入れたら、お客様にとってこういうメリットがありますよ〜と買うきっかけを与えて、背中を押してあげることが販売員の役割だと私は思うんです。

だからこそ、お客様は(購入する側)目の前にある服や小物、靴などを見て、気に入ったから買う!とか可愛いから買う!ではなくてその服を手に入れた後の未来を想像して欲しいな〜って思います。

 

 

結局、選択して購入するのは自分

購入する権利があるということは、購入しない権利もあります。

未来の、将来のストーリーが思い描くことができないアイテムなら、購入する必要はないです。

逆に、収入とのバランスが見合ってない超高額商品でも自分の未来のストーリーが具体的に想像できるのなら購入する権利があります。

自分がなりたい姿が具体化するとお洋服もそれに伴って選ぶようになりますよ。

 

最後に

 

お品物が気に入って、加えて店員さんととても話が盛り上がったけど、悩むな〜って思った時や試着したけど、どうもしっくりこない時にぴったりの断り文句を挙げておきます。必要に応じて使ってみてください!

 

  • 人と待ち合わせしているので、また来ます!
  • 想像していたよりも似合ってなかったので、他も見ていいですか?
  • まだ来たばかりで他のお店とも比較したいので、考えていいですか?
  • ちょっと今日は決めきれないので、日を改めて来ますね!
  • ありがとうございます!ちょっと考えたいんで一回りしてきます!

店員さんがしつこくしてくる時って(最近はしつこい店員さんはあまり見かけないですが)なんで買わないのかな?とか他のものをオススメしようかな?って思っているので、考えたいです!とか慎重派なんです!ってアピールすると店員さんも「あ、そうなのね〜」って引き下がってくれます。

あとは、「ありがとうございます〜」ってニコってしておいたら、お互い気まずくなくていです。

断る権利はあるので、断りにくいから・・・って理由で購入しない方がいいです!

断るの恥ずかしいとか、店員さんに声かけられるの嫌とか、服やさんに着ていく服がないって思ってる人は私が守ります!(笑)

 

楽しいショッピングのお役に立てましたら光栄です。

 

see you next time!