読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時折舞い降りる幸福感

自分の素直な気持ちや本音と向き合って、自分の意見を尊重することって大事ですね!

 

今まではすべての行動基準が”他人”だったんです。

例えば「こんな私でも採用してくれた会社だから、転勤が辛くても頑張って結果をださなきゃ!」とか、「友達がパスタ食べたいって言ってるから、本当は居酒屋に行きたいけどパスタでいっか。」など。

 

なぜ他人本位になってしまうかって、「優しいね〜」とか「すごい!」って思われたい見栄やプライドもありますが、守りなんですよね。

自分のことを知られたくない、恥ずかしい、カッコ悪いって思われたくないっていう気持ち。

 

プライドはない方が愛される

私が尊敬している、堀江貴文さんの本に書いてあった言葉です。

この人の為に私は我慢しなきゃとかこの人の為に優しくしなきゃって思わないで、自分がしたいことを好きにするって心がけるだけで、なぜか周りが応援してくれるのです。

今日は、職場の人がお弁当を作ってきてくれました。さらに、私のうっかりしたミスにも関わらず、カバーしてくれました。

明日も今日と別の方がご飯を作ってくれるそうです!ありがたい!

嫌な気持ちになることが皆無で、周囲の人に恵まれた環境に自分の身を置くことができて嬉しいです。

これも、自分が楽しめる環境で働きたい!と願っていたからかもしれないと思うのです。

 

自分の気持ちを具体化すると幸せがやってきた!

 

自分の気持ちに素直になる、本音と向き合うと冒頭に述べたのですが、自分の”want”を具体的にするとふわっと幸せがやってくるんです。

例えば、「お金持ちになりたい」という素直な気持ちがあったとして、どうしたらお金持ちになれるか?とか、お金持ちになってどうしたいのか?ということを具体的にしていきます。

そうすると、行動するだけなんですよね。

先ほどの例で言うと。

  • どうしたらお金持ちになれるか?→YouTuberになるために動画を撮ってみる。医者になる為に必死に勉強する。一流企業に勤める管理職の人たちと関わりを持つ。
  • お金持ちになってどうしたいのか?→港区のタワーマンションに住む。メルセデス・ベンツのSクラスを購入する。食に一生困らない生活を送る。

極端な例えを挙げてみましたが、自分の想いをどんどん具体的にしたもの勝ちです。物事はぼんやりと考えているだけでは行動できないんですよね。具体的にして初めて行動できて結果を生み出すことができる。

 

幸せになりたいなら自分の周りを幸せな人で固める!

 

自分の周りにいる人ってどんな人ですか?私の周りの人は我が強い人が多いんです。気が強くて、自分の意見をずけずけ言っちゃう人。そしてなぜか顔は可愛いくて恋人がいて。(笑)

友人は自分のことを反映していると思います。だから心苦しいのですが、どんなに音楽や食事の好みが同じでも、ネガティブな気持ちを引き寄せてくる人とは自然と距離が離れていってしまいました。

だから、自分がなりたい姿や自分の理想像を具体的にして、その人に会いにいく。男性だからとか女性だからとか、子どもだからとかアラフォーだからとか、年齢なんか関係ないです。

 ワガママって良くないことだと思っていましたが、自分の気持ちに正直になって甘やかしてあげると、なぜか自分だけじゃなくて周囲の人も嬉しい気持ちになるものですね。

 

小さな幸せに感謝して、笑顔の絶えない毎日を私は送りたいです。

 

 

see you next time!