思慮深い人は損をしがち

自分の人間観察力に疲れることがあります。

でもやっぱり好きなんでしょうね。気づいたら疲れてたって感じだから。

 

f:id:ffmwords:20170315231128j:plain

 

愛宕神社に先日行ってきました。

疲れたときは、外にでてぼんやりと散歩したり夜景を見て何も考えない時間をあえて作っています。

 

 

とにかく行動する、失敗する、人に聞く!

自分できちんと考えて慎重に行動する人ってすごいなあって思います。

私はバカだし、不器用だし、甘えるのが下手なので、自分でまずやってみてもだいたい初めから3回目くらいまでは効率が悪かったり、見栄えが悪かったり、間違ってたりする。

だから、失敗した時うわあ〜恥ずかしい〜って前は落ち込んでたけど、最近は「バカなんでわかりませんでした!こういうときってどうしたら良かったですか?次は修正します!」って開き直ってます。

失敗していい時期って誰にでも用意されてるから。

だから、とにかくなんでも行動する!他人から与えられたチャンスは頂く。自信がなかったら「わかりません!一緒にしてください!」って言う!

 

思慮深くて小利口な典型的な日本人タイプはチャンスを失う

 

衝撃的な見出しですね・・・。だけど、本音です。

頭の中でどんなにシュミレーションしても、Google検索しても、わかったフリをしてその場をやり過ごしたとしても、行動しない人は絶対に損してます。

では、なかなか行動に移すことができない人が、すぐ行動できるようになるにはどうしたらいいでしょうか。

それは「言い訳をやめる」こと。

これだけです。

まずは言い訳をしていることに気づきましょう。

 何も行動しないでずっと一人で考えている人と、言い訳をして行動しない人が居たとしたら、前者は何を考えているのかわからない、後者は大人げないなあと思いますが、指示しやすいんですよね。

チャンスって大縄跳びのようなものなんです。縄を回してくれている人に感謝して、思いきって飛びこめば、仲間が一緒に飛んでくれる。小利口で思慮深くて行動できない人はいつまで経ってもその大縄に飛び込むことができない。縄跳びなんてただ飛ぶだけのことを言い訳をしたり変に考え込むから自分で勝手に難しくしている。

 

考え込んでしまうのは弱い自分を認めたくないから

 

一番ベストなのは考えながらもどんどん積極的に行動して、トライアンドエラーを繰り返していくことです。

弱い自分を認めたくない気持ちって誰にでもあるんですよ。そして、弱い自分のことをきちんと把握できてきる人は少ないです。

言い訳をやめて、少しずつ行動できるようになれば自然と波に乗れます。

そこで弱い自分を知っていったらいいと思います。

 

思慮深い人との付き合い方って難しいですね。

失敗して「えっへー!間違っちゃったー!」って言えば楽なのに。

私は大縄跳びのロープを回す役割はできないけれど、良い失敗例になれる自信はあります!(笑)

 

see you nexr time!