「愛嬌」と「愛想」って仕事でもプライベートでも大事なスキルのひとつだと思いませんか?

 

学生でも社会人でも、他人にイラっとさせられることや傷つけられることってありますよね。

身近な人だと余計に腹立たしい気持ちになってストレスになったり・・・。

 

 

先日、ちょっと嫌な気持ちになった出来事があったので、なぜ自分がこのような気持ちになったか考えてみたら、相手に”可愛げ”というものが足りないからだと考えました。

そして、”可愛げ”つまり「愛嬌」や「愛想」って大事なヒューマンスキルなのではないか?という発見に至ったので、嫌な気持ちをエネルギーに変えることができて良かったです!(笑)

 

 

 

dictionary.goo.ne.jp

 

 評価される人は仕事ができる人じゃない、自分の魅せ方をわかっている人だ

 

仕事を教えてあげたくなる人、失敗しても引きずらない人、上司・部下・同期問わず沢山の人から評価される人は理由がありました。

仕事がバリバリできるとか、覚えが早いとかそういったことではないです。

自分が得意なことと苦手なことを把握していて、周りに伝える人が評価されます。

一方で、自分の苦手なことさえ理解していなくて、イエスマンになっている人も多いです。

そういった人は不満を抱きやすいですね。人から動かされるのってとてもつまらないことですから。

 

 

てへぺろができるかできないか。あなたはバカなフリができますか?

 

愛嬌や愛想といっても、苦手な人は多いと思います。特に根が真面目な人は恥ずかしくてできない気持ちが強いでしょう。

ですが、断言します!バカなフリができる人は強いです!

小利口、バカ真面目はやめましょう!失敗が恥ずかしくなるから。

人生、失敗しまくってナンボでしょう。

 

 

 

愛嬌と愛想を使いこなせる人になりたい

 

 

誰にでも媚びを売る気はないです。そんなことしていたら疲れます。自分のために愛嬌と愛想を使いこなせる人になりたいのです。

私は顔も体型も恵まれている方ではないかもしれない。だけど、それに代わるスキルは絶対ある!

 

私は明日から一足先にゴールデンウィークを満喫します。

みなさんも楽しいゴールデンウィーク、週末をお過ごしくださいね。

 

see you next time!