読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうして”ももいろクローバーZ”にハマってしまうのか

私は頑張っている女性を応援するのが好きです!

友達や職場の人が頑張っている姿を見るのも、もちろん好きですが、アイドルが頑張っている姿は特別感があります。

私が特に応援しているグループは、”ももいろクローバーZ”、”でんぱ組.inc”、”つりビット”です。

 

f:id:ffmwords:20170514000711p:plain

 

 

ももクロに関しては、ほとんど毎日曲を聴いてますし、一時期「chai maxxダイエット」と称して振り付けを頑張って覚えたこともあります。(笑)

実際にライブに足を運んだ事はないので、自称隠れモノノフです。

ちなみに私は緑推し、有安杏果推しです。

 

ももいろクローバーZの魅力

 

  • アイドルの概念をことごとく破壊
  • オタクを多様化して、ファンを増やした
  • いつでも、どんなシーンでも本気

 

他にも書きたい魅力がたっくさんあるのですが、重複したり個人的な意見が入ってしまうので、絞りに絞りました。(笑)

 アイドルの概念というとちょっと説明が難しいのですが、アイドルがそれやっちゃう?ってことを彼女たちはやってのけてしまいます。

 

例えば、この曲…

 

youtu.be

 

「ゴリラパンチ」 

という曲名で、振り付けも歌詞もゴリラの動きや"ウッホウッホ"という掛け声が入っていて、アイドルが歌う曲ではないのに、ついつい聴いてしまいます、謎の中毒性があります。

 

 あとは、有名アーティストとのコラボレーションがとにかく豪華!

私の記憶にあるのは、KISS、レディ・ガガ布袋寅泰氣志團松崎しげる・・・

あと、NHKの夜のコント番組で内村光良扮するロング歌舞伎ダイエット考案者の夏木京介とももクロの共演がとても印象に残っていますね。

 

 オタクを多様化というと、アイドルの概念を破壊したって事に似ているのですが、ももクロの場合だと、カジュアルにも本気でもオタクって自称できる雰囲気があります。

他のアイドルと比べると、彼女達のファンとの距離感はつかず離れず、握手会や特別なファンサービスはなくとも、ライブに行けば彼女達に会える、まさに”今会えるアイドル”ですよね。

そしてテレビでも、ライブでも、イベントでも彼女達の”ガチさ”は見る人を圧倒的に引き込む何かがあるような気がします。

 

歌や踊りなどのパフォーマンスに加えて、毎回変わる衣装、噛んでもかわいいと思ってしまうMC、バックバンドの方たちとの絡みなど・・・。

 

ももいろクローバーZの魅力は一言では表せない、たくさんの魅力がファンを作っているのでしょう。

 

長くなりましたが、私のももクロへの意見は以上です。

モノノフさんは一緒にカラオケに行きましょう。(笑)

 

see you next time!