バレーボール選手の柳田将洋さんに会ってお話ししてみたい

今回の記事はタカシナの世界観の話なので、軽い気持ちで読み進めてください。(笑)

先日、宿泊先でテレビを見ていたら男子バレーの試合を放送していて、柳田選手が活躍していました。その試合を見てからうわ〜!やっぱりカッコいい!素敵!って気持ちになって、今現在ほぼ毎日気づけば彼のことを考えています(笑) 

 

でも、ずっと彼のことを考えていても何も起きないし、ミーハー過ぎる自分は嫌なので、ブログに今の気持ちを書き記して、具体的に行動しようと思いこの記事を書くことにしました。

 

 

 

 

嫌いなものが突然好きになることってあるんや!

 

私は正直バレーボールに興味がなくて、学生時代には体育の授業は好きだったのですがバレーボールだけは苦手で嫌いでした。

球技があまり得意ではないというのもあるのですが、バレーボールは面白いくらい下手くそで、腕が痛くなるし、身長も低いからサーブも打てないし、突き指するのが怖くてトスをあげることもできない。

 

そして、社会人になってバレーボールをする機会もバレーボールに触れる機会もなくなって、バレーボールのことを考えることってなかったんです。

だからバレーボール界では有名な木村沙織選手や清水邦広選手のことを全く知らなくて。

ただ、たまたま数年前にテレビで男子バレーボールの試合を放送しててそこで柳田選手の存在を知りました。

試合の展開が早くて得点が入る度にドキドキして。

そして、柳田選手の綺麗なフォームやサーブを打つ姿に思わず見とれてしまいました。

 

f:id:ffmwords:20170615210807p:plain

 

引用:サントリーサンバーズ公式サイトから

www.suntory.co.jp

 

 

彼のおかげで苦手で嫌いだったバレーボールに興味を持ち、いつのまにか好きになりました。

 

 

なぜ柳田選手のファンになったのか?

 

  • 見た目とのギャップ
  • 私と共通点が多い
  • 努力家であること

 

もともとバレーボールに興味がなかったので、最近いろんな選手のプレーに注目したり、雑誌を読んでみたりして柳田選手の魅力に気づかされるのですが、彼の一番の魅力ってギャップだと思うんです。

甘いマスクからは想像つかない速いサーブと熱いハートの持ち主であることは他の選手とは一線を画すところなのかな、と。

そして共通点が多い人に惹かれるっていいますよね。私は1992年7月19日生まれ、柳田選手は1992年7月6日生まれで同い年なんです!下の名前のイニシャルも一緒だし。(笑)

好きな季節が夏だそうで、勝手に嬉しくなりました。

 

努力家だと私が思ったのは、海外でプレーすることを意識して英語を習得しているなとしているところ。

彼のインスタグラムを見ていると英語が・・・とか、写真についてのコメントが英語だったりと、日常的に使っていたので。

 

 

 

 

 

The person who made me walk me up to here. Thank you.... #Self-confidence #experience #Trust #knowledge #To all...

柳田 将洋さん(@masahiro.8.0706)がシェアした投稿 -

 

 あとは、自分自身の性格を分析しているところが好きです。

6月からプロとして活動しているそうで、どういった経緯でプロに転向しようと思ったのか、これから自分自身はどうありたいのか?など、インタビュー記事を見ていると本当にバレーボールが好きで、自身を高めることに対して積極的に行動しているところにグッときてしまいましたね。

 

詳しいことはこちらに。

number.bunshun.jp

 

”僕のバレー人生を有意義にするのは、これからの僕自身だと思っています。”

という言葉に、自分もこれから自分がスタイリストとして活躍するかしないかは自分自身なんだよねって背中を押された気分になりました。

 

私は有名人ではないし、美人でもないし、積極的に会場に足を運んでいるわけではありません。

たくさんいるファンのなかで埋もれている一人の女性です。

柳田選手のおかげで、バレーボールが好きになったし、これからアスリートフードマイスターの資格を習得したいと思ったし、自分の為にも食事の管理やジムと歯医者に通って、自身の健康管理に気を使おうって思えたし、そのことに気づかせてくれた柳田選手に感謝しています。

 だから柳田選手に直接聞いてみたいこといっぱいあるんですよね、本当に会って話したい。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

柳田選手に関して有益な情報があればぜひお寄せください。

(ファンレターの宛先とか・・・)

see you next time!